志を事業にする「サムライハーツ」OFFICAL WEBSITE

サムライハーツ | SAMURAI HEARTS / 地域資源を事業化する!ローカルビジネス専門の事業創造・共創プラットフォーム

国民全員が裸足の国に靴は売れるか。

      2016/05/22

海外販路開拓について語るときによく出るこんな話がある。

ある靴メーカーの営業マン2人がアフリカのとある国に靴を売りに行った。

そして、誰一人として靴を履いていないその国を見て営業マンの一人はこう言った。

 

営業マンA「誰も靴を履いていない国で、靴なんて売れるわけがない・・・」

そして、もう一人の営業マンはこう言った。

営業マンB「誰も靴を履いていないなんて素晴らしい!靴が売り放題だ!」

さて、この二人の営業マンはどちらが正しいのか。

 

africa

 

正解は、どちらも正しい。

当然、「靴の需要がない国で靴は売れない」(今すぐには)。

そして、「靴の需要がない国で靴の需要を作れば独占市場だ」(長い時間をかければ)。

 

普通の感覚として、営業マンAの感想が一般的なのではないでしょうか。

需要がない国で、新たな市場を作るのは時間もお金もかかりますし、その分のリスクを負うことになります。

 

さて、ここまでが有名なお話。そしてここからが、私が考えた続き。

 

ただ、営業マンBには、勝算がありました。

①この国では日本ブームが来ており、日本製の商品が良く売れている

②この国の人口比率は10代~20代が国民の約半数を占めており、大きな経済成長が見込まれる

③日本政府は、この国への輸出を推奨しており、商品開発や販路開拓のための手厚い支援を受けられる

④10年前、ほとんどの国民は裸であったが、今では50%以上の人がシャツとズボンを身に着けている。

自社独自でゼロからスタートするには厳しいかも知れないが、これだけの条件が整えば成功する可能性は高いと・・・。

 

 

 

商品開発や販路開拓に関する費用が補助金等によって3分の1になるケースもあります。
・展示会等出展費、旅費、専門家謝金、市場調査費、広告宣伝費、旅費、通訳・翻訳費等

サムライハーツでは、御社の商品開発や販路開拓の取組みを補助金等の活用と併せて支援します。
・補助金の申請・取得のみの場合は「成功報酬型」です。
・成功報酬は取得金額の10%~20%(金額と難易度により異なります)
※旅費等の一部経費は実費分を請求させていただくことがあります。

 

 

 

 

 - 総合地域商社