志を事業にする「サムライハーツ」OFFICAL WEBSITE

サムライハーツ | SAMURAI HEARTS / 地域資源を事業化する!ローカルビジネス専門の事業創造・共創プラットフォーム

北海道農商工連携ファンドの追加募集が開始されました。

      2017/11/10

北海道農商工連携ファンドとは

農林漁業者と中小企業者の連携体が取組む、北海道の農林水産資源を活用した「食」「観光」「ものづくり」分野での新商品・新サービスの開発等の取組み等の新事業に対して通じてその取り組みを支援加速することを目的として創設されたファンドです。

1 助成対象事業 「事業化推進事業」
農林漁業者と中小企業者等で構成される連携体により、新商品・新サービスの開発か ら販路開拓までの事業化実現に向けた取組みを行う事業
※単なる原材料供給な どの通常の取引は除きます。

2 助成対象経費
謝金:専門家謝金
旅費:専門家旅費、職員旅費
試作・実験費:原材料費、外注加工費、試験(検査)依頼費、機械装置等購入費、 機械装置等の借用に要する経費
事業費:通信運搬費、消耗品費、印刷製本費、広告宣伝費、委託費、 展示会等出展費、コンサルタント費等

3 助成限度額
200万円以内/年(機械等開発 500万円以内/年)
※助成期間は 3 年以内・継続助成を保証するものではありません。
※助成金は実績報告と実地検査終了後の「精算払い」となります。

4 助 成 率
食分野(2/3以内)・その他(1/2以内)

fund

詳細はこちら→北海道農商工連携ファンドHP

過去の事例で最も多いのは「商品開発」

過去の事例で一般的なのは、1次生産者(農業者、漁業者)さんと2次生産者(加工・製造業者)さんとの共同商品開発でしょうか。

予算(基金)もまだまだ残っており、少額のため使い勝手の良い助成金だと感じます。

事業の趣旨からしても、観光客向けの新たな土産品(食品)等の開発などが求められていると思いますが、特に訪日外国人客(インバウンド)向けや海外輸出用の商品・サービスはまだまだ不足してる状況ですので、きっと採択率も上がるのではないでしょうか。

単に「賞味期限」を延ばすだけでも、土産品や輸出品の幅は広がりますので、難しく考える必要はありません。今年度、新商品・サービスの製造や開発を予定されている(取り組み始めている)事業者様は積極的に活用されることをお勧めします!

 

挑戦したいけど、難しそうだな・・・手間がかかるしな・・・そんな暇ないよ。
もしそう感じたとしたなら、助成金・補助金など、行政のサポートが本当に必要なのは貴方です!

 

サムライハーツでは、本物の北海道産品を探している「小売店」や「飲食店」、「海外輸入商社」を探しています。
・商品発掘、OEM生産交渉、販路開拓、販売促進等にも、共に汗を流して取り組みます。

サムライハーツでは、「生産者」や「流通業者」の商品開発や販路開拓の取組みを補助金等の活用と併せて支援してます。
・補助金・助成金等の申請・取得のサポートから精算までをフォローします。
・申請・取得のみの場合は「成果報酬型」になります。

まずはお気軽にご相談ください↓

 - お知らせ, 補助金・委託事業