志を事業にする「サムライハーツ」OFFICAL WEBSITE

サムライハーツ | SAMURAI HEARTS / 地域資源を事業化する!ローカルビジネス専門の事業創造・共創プラットフォーム

旅先の財布は夜開く。飲食店・サービス業のインバウンド対応が熱望されている。

   

2014年度の外国人観光客数は日本全体で約1340万人、北海道で約154万人です。前年対比では約133%の伸び率と脅威の数字です。

それも2012年度以降毎年約130%以上の伸びを続けているわけですから、一般の企業で置き換えてみると、単純に3年で売上が倍以上になる計算です。そして、これからもその上昇は続くと言われています。

さらに、今なお「ビジット・ジャパン事業」により集客費は国が負担してくれている状況なのです。

 

visitjapan

 

少子高齢化の中、日本国内、北海道国内の消費は減少傾向にあり、総体として上向きになることは難しい状況です。

特に若者や中間層をターゲットにしている飲食店やサービス業にとっては、更に厳しい時代になることが予想されます。

そのような中、新たな市場を獲得したいと思うのであれば、大企業のみならず、小規模企業にとってもインバウンド対応は有効な手段です。

 

日本人もそうですが、旅先では「お財布は夜開く」と言われます。

旅先での特別な日だから、夜も遊びたいのです!

 

しかしながら、その財布はドン・キホーテで開かれているのが現状のようです。

 

遠路遥々、北海道まで来てくださった大切なお客様です。

また必ず来ていただけるように、もっともっと楽しんでいただけるように、飲食店やサービス業を中心に色々な方法で感動させてあげたいですね!

 

 

■サムライハーツと共に、インバウンド対応に取り組んでみませんか?

ご興味のある店舗様、事業者様はこちらまでお問合せください↓

 - 総合地域商社